LINK
テレビを見ていたら、モヤシを栽培している農家から中継していました。 栽培しているモヤシを見たら、売ってるモヤシと違ってものすごく長いのです。 長さが50センチくらいあり、こんなモヤシは初めて見ました。 このモヤシは大鰐温泉モヤシと言い、青森県の大鰐温泉だけでしか作られてません。 最近は作る農家も少なくて、市場にも出回らない幻のモヤシらしいです。 350年くらい前から作られているたいへん歴史のあるモヤシで、 作り方は門外不出で生産者以外は知らなかったので、この地域にしかこのモヤシが存在しません。 最近になってモヤシを守るために、生産者以外にも作り方を教えるようになりました。 温泉の熱で温まった土の中に大豆を入れると、 発芽したモヤシがすごく成長して1週間するとものすごく長くなるのです。 水は一切使わず温泉のみを使用します。 普通のモヤシよりもシャキシャキとした歯ごたえが強くて、味もしっかりしているそうです。 このモヤシを一度食べてみたいですが、おそらく地元に行かないと食べることができないのでしょう。